板金塗装専門ヒルズ・テクノプレイススタッフブログ

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< グロリア入庫 修理状況 | main | 納車 >>

ヴィッツ

 こんにちわ

私が代車のヴィッツの板金・塗装を作業しながら説明していきたいと思います







左右の両フェンダーのこすり傷です

ここで注意したいのが、傷から錆が出ています

この錆が実はかなりやっかいなんです

この左右フェンダーの傷修理で、料金は、ピンからキリまであります

恐らく2万〜6万円ぐらい差があるでしょう

この差はなんでしょう



まず、傷の部分を鉄板をむき出しにします

ここでまず差が出てきます

安く作業をする場合は、ここまで出さず、少し削ってパテで整形します



左フェンダーは、鉄板を出してもまだ、錆があります

これをさらに削って錆を完全に無くします

表面だけだと、この錆が残っており、作業が完了したすぐは綺麗でも

何ヶ月か経ってくると、必ず、この錆は浮いて出てきます

安く作業しても、すぐ錆が出てしまえば、また二度手間の作業になってしまいます


削ったら、シリコンオフで脱脂をしてからパテを盛ります

この脱脂もしないと、パテと鉄板の密着度が落ちてしまいます



パテで整形をしたら、マスキングをして、サフェーサーです

お値段が安い場合は、このサフェーサーも塗装しない工場もあると思います





このサフェーサーは、パテを削った後を消したり、防腐剤の意味合いもあります

板金・塗装は、悪く言うと、かなりの確立で誤魔化す事が出来ます

作業中は、お客様が見る事も少ないし

塗装が終わってしまえば、下処理をどの様にしたかさえ分からなくなってしまいます

当社は、この様に、ちょっとの擦り傷でも、下処理をしっかりしますので

他工場での修復暦が無ければ、永久保障もつけます

この様に下処理をしなければ、








板金 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hills-techno.jugem.jp/trackback/56
この記事に対するトラックバック